全館空調の危険性 ~コンクリート発がん物質のラドンは~ ~コンクリート粉状物質の有害性は~

以前、この項で全館空調のデメリットとしてダクト内部のホコリ、カビ、虫の死骸等の弊害を指摘しました。そして床下のコンクリート表面の粉塵を吸い込むことの危険性についても自説を記しました。そして全館空調を住宅に採用することはやめた方が、健康で長生きできると結論付けました。今もこの考え方に変化はありません。いやそれどころか、また新しい事実を知ったので、家族の幸せを願っている方々のために、敢えて批判を覚悟でお知らせすることにしました。

住宅と健康の関わり

 きっかけは環境問題評論家の船瀬俊介氏の著書「コンクリート住宅は9年早死にする」(発行リヨン社)を読んだことです。本になっているからといって、それが絶対に正しいなどとは決して思っていません。私は出来る限りの裏付けを取ることを心がけています。本の内容は簡単にまとめますと以下の通りです。

  • 島根大学の調査によると、木造住宅とコンクリート住宅の平均死亡年齢の差は約9年ある。木造住宅の方が長生きです。
  • その原因の一つにガンによる死亡がある。とりわけ肺ガン、乳がんの発生が木造住宅と比べて顕著である。
  • 肺ガンの原因としてコンクリートから放出されるラドン(アルファ線)の影響がある。
  • ラドンは気体である。ウラン崩壊の時に放出される唯一の気体である。

つまり昨今はコンクリートべた基礎が大半ですから、床下にはラドンが充満していることになるのです。私が調べたところ、WHO(世界保健機構)もラドンが喫煙の次に肺がんの2番目の大きな原因であるとして認めています。すでに欧米では家を新築するときにラドンに対して防護対策を取ることを義務付けている。すなわち、危険な床下と室内を遮断することであるとしています。

にもかかわらず、我が国では24時間全館空調の名のもと、危険極まりないであろう床下から新鮮空気と称して発がん物質であるランド入りの空気を室内に取り込んでいる、システムがありますこれが実態です。 もし、どうしても床下から空気を取り入れる必要があるのであれば、コンクリート基礎の表面を何らかの方法で覆う必要が絶対にあります。例えば、コンクリート保護塗料などが考えられます。しかし、私は現段階で、その塗膜によってラドンの放出を食い止めるという確証を持っていません。そうであれば、床下から空気を取り入れることは絶対に危険です。家族の幸せを願うのであれば、絶対に止めるべきです。これが私の確信です。

床下に潜む危険性

全館空調の危険性1
全館空調の危険性2
全館空調の危険性3

 次に、基礎コンクリート表面の状況ですが、弊社ではお客様にお引渡しする直前に床下に潜って掃除機でゴミは完全に除去します。それでも1年点検時に床下に潜って点検すると、点検した社員の服には白い粉が付着しています。この粉の成分はまだ調べたことはありませんが、恐らくセメントであると推測できます。このセメントの粉を吸込み続けるとどうなるかは製品安全データシートを見るまでもなく、有害であることは誰でもわかります。平成29年の厚労省労働基準局の通知によれば、はっきりと「有害性が低い粉状物質であっても、長期間にわたって多量に吸入すれば、肺障害の原因となる・・・中略・・・・肺内に蓄積することによって、肺の繊維化及びこれによる咳、痰、息切れ、呼吸困難、肺機能の低下、間質性肺炎、気胸等の肺障害を引き起こす・・・・」と明記されています。

この事実を知って、それでも床下の空気を室内に取り入れるのでしょうか。

 もう一つ、これは杞憂であればいいのですが、コンクリートの別の問題である発がん物質6価クロムがセメントの粉塵の中に混入していないかということです。我々のレベルでは、そのことについてまだ、その検証は出来ません。しかし、私はいつも同じことを言います。危険と証明されていなくても、危険かもしれないものを住宅に使う必要があるのか、と。他に方法が無ければ致し方ないかもしれませんが、こんな危険なことに挑戦しなくても、住み心地の良い省エネ住宅はいくらでも造れます。ダクトも床下も、完全に清潔無害ではありません。清潔無害どころか床下に至っては発ガン物質ラドンの危険があります。私は複雑な換気システム、空調システムなど不要と考えます。百害あって一利なしとは言い過ぎかもしれませんが、昨今は換気機能付きエアコンを各社が発売しています。とてもシンプルで危険性はほとんどありません。またメンテナンスも簡単です。これらのエアコンが法律の定める24時間換気量をクリアするのであれば、非常に結構だと思います。

クリアしていなければ、ダクトレスの壁付1種換気がとてもシンプルで安全でメンテナンスが容易です。“シンプルイズベスト”は人生にも家にも言えることではないでしょうか。