土地探しで失敗しないために

こんにちは、家づくりサポーターの市橋です。
神戸市西区、垂水区、明石市、三木市周辺で新築住宅をお考えの皆様、新築住宅を建てる時に土地から探される方が多いと思います。
とても大切な土地探しですが、エリアや広さはもちろん、周辺の環境もチェックしておかないと、後で後悔することもあります。
土地の購入は、決して安い買い物ではありませんので、新築住宅を建ててから後悔はしたくないですよね。

土地探し

今回は、新築住宅をお考えの皆様が、土地探しで失敗しないためのポイントをお話ししたいと思います。

土地探しをする時に、大切なポイントは

  • 土地の周辺を歩いてみる
  • どんな家が周りに建っているかを確認する
  • 道路の幅を確認する
  • 道路との高低差、電柱などを確認する
  • お隣との境界を確認する
  • 時間を変えて、何度か見に行く
土地探し

新築住宅をお考えの方のほとんどが、土地探しの経験は初めてという方が多いと思います。
土地探しで失敗しないためには、見るポイントをしっかりと決めて、一つずつ確認しましょう。
土地は「一点もの」、「早い者勝ち」とよく言います。まったく同じものはありませんので、手間を惜しまず確認し、またスピード感を持って決めましょう!

土地の見方

上で土地探しで失敗しないための「大切なポイント」のお話をさせていただきました。次は、土地情報の見方についてお話します。

土地の見方

土地情報とは、不動産屋でもらうその土地に関する情報が記載されているものであったり、インターネットの土地サイトで見ることができるものです。

実は、この中にその土地の情報がぎっしり詰まっていますので、購入時に注意することもたくさん載っています。ですので、この情報の見方を知っているか知らないかで、大きく違ってきます。

土地の見方

左側は、字も大きく、土地の形の絵もあり、わかりやすく書かれています。こちらの欄には、土地の図面やセールスポイントが書かれてあります。

今回の土地の場合は、

  • 建築条件なし
  • 公道約6.5mに面しております
  • 土地の形

というのが、特に必要な情報です。

建築条件とは

建築条件付き土地の売主は不動産会社や販売会社、建築会社である場合が多く、協力関係にある建築会社を利用して建物を建てるようにあらかじめ指定されています。

 そのため、建築条件付き土地を購入する場合は、買い主の希望で建築会社を選ぶことができません。

逆に、建築条件なしの土地は、好きな工務店、ハウスメーカーでの建築が可能です。

公道6.5mに面しているとは

土地に面している道路の幅員(道路の幅)を示しています。

この土地の場合は、幅6.5mの道路に約13.3m接していることを示しています。

土地の形

土地の寸法も記載されていますので、この図からするとほぼ「長方形」の形をしていることがわかります。形が整った土地だと、建物を建てる上では、建物の配置や駐車スペースなど考えやすくなります。

次回は、右側の見方を説明していきます。

土地探しのご相談はコチラからお気軽にお問い合わせください!