災害と地域材の利用

こんにちは、セレクトホームの渡辺です。

7月に入って、日本列島は記録的な豪雨が続き、色々な地域で河川の氾濫、洪水、

土砂くずれなどの被害をもたらしております。

被害に会われた方には心よりお見舞い申し上げます。

このような異常気象の原因として、地球温暖化が叫ばれていますが、

木材は二酸化炭素を吸収し貯える働きがあるため、

森林が二酸化炭素排出量の削減に大きな働きをしています。

では木を伐らないで放置することが、CO2削減になるのか

というとそれは大きな誤解です。

災害と地域材利用の社員ブログの画像

木は1年で約3%太ると言われています。木を使わないと放置しておくと、

森林はどんどん太り、光が射さなくなり下草が発生しなくなります。

これが山枯れを起こし、本来持つ地面の保水能力が損なわれます。

このことが、集中豪雨の際の洪水、土砂災害につながっています。

手入れの行き届いた森林では、下草が表土を覆い土砂の流出を防ぎます

。森林に降り注ぐ雨は、地中に深く浸み込み時間をかけてゆっくりと流れ出すため、

河川の氾濫と渇水を同時に防ぎます。

このように、豊かな森林を保つことは、私たち地域の自然災害を防ぎ、

私たちの暮らしを守ってくれます。

また、伐採された木は住宅になったり、家具や板、紙などに形を変えて

私たちの身近で炭酸ガス削減に役立ってくれています。

地域材利用の画像

しかし私たち工務店、ハウスメーカー、建売業者など住宅に携わる者が

ほとんど国内産の地域材を使わず、外国の安価な集成材に頼っています。

そのため日本は国土の約7割は森林から成り立っているにもかかわらず、

世界でも有数の木材輸入国になっています。

つまり日本には十分な木材資源がありながら、外国の木を

かき集めていることになっています。

今、このような理由から、国や各都道府県、私たち兵庫県でも

地域材利用の促進を図るために様々な取り組みがなされています。

セレクトホームも「ひょうご木の匠」の登録工務店として、

県の設計支援事業により助成金を受けることができます。

興味のある方、木の家を建てたいとお考えの方はご相談下さい。