木造建築

こんにちは 松谷です。

セレクトホームの家は、桧の柱をつかっています。

柱で梁を支える在来工法の歴史は、縄文時代前期から始まります。

また、日本で最古の木造建築物は法隆寺五重塔ですが建てられたのは今から約1,300年以上前の事です。

古くから、工法が大きく変わっていないという事は工法自体が優れており、建てられてから1,000年以上も残っているというのは素材的に木が優れているという証明ではないでしょうか?

人間の作る無機質な素材は、完成した時が一番強度は強いですが年々強度は下がっていきます。

桧の柱は、構造材として使用されてからも暫くは強度があがっていきます。

そういった無垢材である桧の性質があるからこそ、長寿命な建物を作ることができるのでしょう。