麻柄の組子格子のある和の家

所在地神戸市北区
家族構成ご夫婦とお子様
竣工日2018年3月20日
延床面積143.00㎡(43.25坪)
神戸市北区の注文住宅

子どもの誕生をきっかけに家が欲しいと思いました。つたい歩きを始めた子どもにいつも目が届く間取りにしたい、子どもが走り回れる広い家が欲しい…。歳をとっても落ち着ける和のイメージがいいな。と思い家づくりを始めました。

神戸のアイランドキッチンの施工事例
神戸の無垢の木の洗面台の施工事例
神戸のヒノキの脱衣室の施工事例
和風の家の間取り
神戸の造作本棚の施工事例
神戸の和風の家の施工事例
神戸の麻柄の格子のある家
神戸のデザイン性のある外観

麻柄の組子格子のある和の家のポイント

  • 建築家による和を意識した水平ラインの家は古びる事のない高いデザイン性です。
  • 和モダンの外観から中へ入ると麻柄の繊維な組子格子の引き戸と、季節のお花を飾れる床の間風ニッチが風流です。
  • アイランドキッチンを採用された理由は、まだ幼いお子様がいつでも目の届くところで確認でき、いざという時、左右どちらからでも飛んでいけるようにするためです。
  • 階段手摺と吹抜け手摺に64本の木を使いました。