兵庫の木

こんにちは、渡辺です。

ただ今、国交省では、地域型住宅ブランド化事業ということで、にわかに地域材を使った住宅が取り

上げられていますが、セレクトホームでは従来より、兵庫県産材を使った家に取り組んできました。

今日は、なぜ、兵庫県の材木を使うのかというお話をしたいと思います。

兵庫県の森林の約70%は、杉、ヒノキ、松などの人工林だそうです。これは、CO2を固定し、地域の

温暖化防止と林業の育成のために、県が取り組んできたためです。

本来、間伐をすることで光が差し込み、木が育成するのですが、安い外国集成材の普及と、林業の

後継者不足のために、使用が極端に減少してきています。そのために、山が放置され、いわゆる

山枯れをおこしています。

このままでは、森林の持つ機能は低下していきます。

最近の集中豪雨による川の氾濫などもこのようなことが原因といわれています。

セレクトホームは私たち住宅会社が、地域のために貢献できることとして取り組んできました。

無垢材は、集成材に比べて、強度にばらつきがあり、弱いとされてきましたが、私たちが使って

いる兵庫県の構造材は、1本1本、含水率とヤング係数の計測をされています。

このような計測の現場などを見学していただくために、定期的に、宍粟市の木材センターの工場

見学会を行っています。

また、兵庫県産木融資という、全期間固定金利、1.2%で融資が受けられる制度も利用できます。

興味を持たれた方はお問合わせください。