~集成材~

2020年3月

弊社では10年以上前から構造材である柱は桧か杉の無垢材を使用しています。実は注文建築の家づくりを始めたころは集成材を使っていました。お客様には「無垢材よりも1,5倍強いですから」と言っていました。しかし本当の理由は安いからでした。それと無垢材は集成材に比べて収縮やねじれがどうしても大きくなり、お引渡しした後、お施主様から内部仕上げ材のクラックや隙間の発生などでクレームを言われることがあるからという理由でした。しかし、約11年くらい前にご注文を頂いたお施主様のN様は「私は無垢材でお願いします」と言われました。私が「30万円以上の追加が出ますが」と言いましたが無垢材を強く主張されました。

その理由は以下の通りです。

  1. 自分は化学会社に勤務しているので接着剤のことはよく知っている。
  2. 集成材の接着剤は100年間接着している場合もあるが、半年で剥離(離れること)する可能性もある。
  3. 集成材の柱が万一、剥離したら家は地震がなくても潰れてしまう。
  4. それに接着剤はなんだかんだ言っても、やはり有害である。
  5. 一生に一度しか建てられない自分のマイホームで30万円位のことで、そんなリスクは冒したくない。 

N様にこう言われるまで正直、私は集成材が剥離するなどということは考えたこともありませんでした。 以下に集成材の剥離に関して、湘南ウッディスタイル社のHPがとても分かり易く書かれていますので、是非 見てください。過去にも剥離事件は結構あったことを知りました。

結局、N様は柱も梁もすべて無垢材で建てられました。それ以来、弊社は集成材の柱の使用はやめて、兵庫県産の桧を標準仕様としました。         

集成材の実験
集成材の割れ