~集成材と金物工法~

2020年4月

在来工法と金物工法

左の図は上が木造在来工法で下が金物工法と呼ばれている、ともに構造材の接合方法を現した概略図です。金物工法を採用している住宅メーカーは在来工法の構造材の断面欠損が大きいことを批判し、金物工法のそれが小さいことで、構造が安定していると主張しています。一見もっともらしい主張に聞こえます。でも本当にそうでしょうか?

下図をご覧ください。左図ではわかりませんでしたが、金物工法のほとんどは集成材を使用します。集成材については2020年3月集成材で記しましたように剥離という致命的なリスクがあります。集成材は何もしなくても経年劣化あるいは接着不良による剥離のリスクがあるというのに、下図のように鋼製の受金物、ドリフトピンのいずれもがその集成材の重さを一身に受け、接着面に大きな負荷がかかり、結局は集成材を切り裂くような力が働くことを知らなければならないと思います。私は一生に一度の家づくりに、このようなリスクをとることはあまりに無謀であると考えています。

金物工法による集成材の剥離