高気密・高断熱

こんにちは、家づくりサポーターの平田です。住宅の性能を評価するさい、省エネ基準と言う基準があり、建築業界では高気密・高断熱を売りにする会社が増え、ご興味のあるかたも多いと思います。先日飛び込みでお越し頂いたお客様もそのひとりで、屋根の二重工法をしている会社をずっと探しておられたとの事で、弊社のHPを見つけて凄く喜んでご来店頂きました。屋根二重工法とは、数百年前から伝わる日本の建築技法で、食物や貴重品を保管しておく ”蔵” の屋根によく施工されていました。高断熱を実現するには、断熱性能の良い断熱材を使用すれば数値上断熱性能は良くなりますが、その断熱材がとぎれとぎれに入っている状態ではせっかくの良い断熱材がもったいないですよね。断熱材の性能を生かすには、壁の外側から途切れなくスッポリ囲う事、壁と屋根の接点も途切れなく施工する事で、より断熱性能が高まり、気密性を高める施工もしやすくなります。異常気象ともいえる猛暑を記録する昨今、光熱費削減・住み心地の良い家づくりの参考に、是非屋根二重工法の家を体感しに来てください。

前の記事

健康住宅