狭い空間を広く見せる

セレクトホームの松場です。

狭小地…大きな土地に建てたいが、土地が無い。

坪単価が高くて大きな土地が買えない。

諸費用を含めたら予算オーバーなどなど、大きな土地を買えない理由は人それぞれだと思います。

狭いけど場所はいい!駅は近いし、校区も希望の学校だし、実家から近い、生活が便利、狭いけど買おうか迷っている方がいると思います。

狭い土地だけれども、工夫をこなせば建物内が広く見える、お家が建てれるんです!!

広く見せることができる工夫はいくつかあります。

まず窓を大きくすることです!

窓を大きくすることで家の中に入ってくる日差しの量が多くなり、昼間は電灯を点けなくてもよいほどの明るい部屋にすることができ、

開放感があります。空間が広がる方向に大きく開口をとることでより広く感じられるでしょう!

複数の窓を付ける場合は高さをそろえましょう!その方が開放感がUPします。

プライバシーが気になる場合は、高い位置に縦が短い窓を設置することをおススメします。

高い位置の窓は、大きい窓に比べて多少圧迫感はあるものの、窓からの光は部屋の奥までいきわたり、部屋明るくしてくれます。

室内に十分な明るさを取り入れることで、窮屈さを感じさせない設計になります。

方向によっては光が入ってこない窓になりますので、設計士さんに相談されるのがいいでしょう。

立地条件の中で明るさを確保できない場合は、天井を高くし開放感と採光と両立させましょう。

天井を高くすることで、空間の「容積感」から部屋が大きく感じられます。天井高に梁や、段差のある天井など変化をつけてもいいですよね!!

開放感が広がりオシャレになります!

一つ気をつけて欲しいのは、天井を高くして窓を大きくした方が、部屋が大きく見えることは確かですが、窓は熱が逃げやすく入りやすいので、

熱の逃げにくい窓にしたり、シャッターなどを付けたり、熱効率には気をつけて窓を設置しましょう。

あとは吹抜けだったり、ストリップ階段、スキップフロアなど部屋を広く見せることの工夫はまだあります。

狭小地だからと諦めるのではなく、一度その土地に合った図面を、相談に行かれてる工務店に設計してもらってもいいと思います。

神戸市西区の注文住宅の家