【最新】注文住宅 失敗しない見積りの取り方

注文住宅を建てる場合、ほとんどの方は初めて住宅の見積りを取ることになります。住宅の予算は、どこの会社に依頼するかを検討するための重要な判断材料であり提示された金額が相場と比べて高いのか、妥当なのかを見極める必要があります。 一生に一度の家づくりを失敗しないために、見積りを依頼する際のポイントを説明していきます。

見積りまでの流れ

依頼先の選定

提示された金額が妥当かどうかの判断をするために、複数の住宅会社へ見積りを依頼するようにしましょう。但し、数が多ければ良いという訳ではありません。 たくさんの会社へ依頼しすぎると手間が掛かってしまうだけでなく、情報過多になり判断が付きづらくなってしまう恐れがあります。理想は3社程度を目安にすると良いでしょう。その為には、事前にホームページでの情報収集や資料請求を行い、デザインや施工エリアが要望に合いそうかどうかといった観点で、依頼先を絞っていく必要があります。

希望条件を伝える

依頼先が決まれば、見積りを作るためにプランの作成から取り掛かります。 注文住宅の場合、プランを作成してもらうためにはどんな家を建てたいかという要望を伝えなくてはなりません。自分たちの希望条件が明確でなければ、プランの中に要望が反映されづらくなってしまいます。

注文住宅の失敗しない見積りの取り方

ここでいう希望条件とは何かを細かく説明していきたいと思います。

希望条件とは

予算

まずは、予算の目安を伝えることです。その為には、住宅ローンをいくら組むのか手持ちの資金からはいくら出すのかといった事を整理しておく必要があります。

自分たちで検討するのが難しい場合は、住宅会社の担当者へ資金面での相談をしてみましょう。無理のない資金計画を立てることも、見積りで失敗しない為の重要な準備となります。

注文住宅の見積りの取り方の予算について

土地

家を建てるための土地についても詳しく伝えなければいけません。

既に土地を持っているのかこれから探すのか、土地を持っている場合には広さや形状が分かる図面などを提供し、プランと見積りの作成を依頼しましょう。

また、古家の解体や土地の造成に掛かる費用は、思いのほか高くつく場合があります。 候補地がある場合は、事前に担当者へ相談しておきましょう。

設備のこだわり

注文住宅の見積りの取り方の設備編

間取りやデザインのこだわりはもちろん伝えなくてはいけませんが、住宅設備にこだわりがある場合には、担当者にしっかり伝えておきましょう。住宅設備は、メーカーやグレードにより価格が大きく左右されます。注文住宅を建てる場合には、自分たちがこだわりたい部分とそうでない部分を明確にし、優先順位を付けておくと予算をオーバーしてしまうという事が少なくなるでしょう。

現状の不満点

伝えないといけない事は、これから建てるお家の要望やこだわりだけではありません。現状の住まいへの不満点も併せて伝える必要があります。

現状の不満を伝える事で、見落としている要望やこだわりが見えてくるかもしれません。 間取りや設備、住み心地等に関して、現在の住まいでの不満や不便に感じる事を整理しておきましょう。

見積りが出来上がるまでの時間

住宅会社へ見積りを依頼してから出来上がるまでは、一定の期間が必要です。

着工時期や引渡しまでのスケジュールに希望がある場合は、見積りがもらえる時期がいつになるのかを事前に確認しておきましょう。 通常は2週間程度掛かるが多いですが、依頼する先によっては1ヶ月やそれ以上の期間を必要としている所もあります。

注文住宅の見積もりにかかる時間のイメージ画像

見積り内容の確認

いよいよプランと見積りが出来上がれば、その内容を確認しなくてはいけません。

自分たちが伝えた内容がしっかりと反映されているか、細かく確認しましょう。

しかし、冒頭でも申した通りほとんどの方が初めて住宅の見積りを目にする事となります。見積書には建築の専門用語や分かりづらい表現があるかもしれません。そこで、次回は住宅の見積書に含まれている項目について、詳しく触れていきたいと思います。

見積り依頼

弊社でお見積りを検討していただいた方はまず、資料請求や新築のご相談を下記よりお問い合わせお願い致します。

新築のご相談申込みのボタン

神戸で木の家を建てる工務店ならセレクトホーム
店名:セレクトホーム
住所:〒651-2147
   神戸市西区玉津町田中588-1
電話:0120-8-32194

前の記事

~断捨離~