「南に家があってもめちゃくちゃ、明るく、暖かい、3.4帖大の吹き抜けがある家」の完成見学会

こんにちは、家づくりサポーターの渡辺です。

本日は「南に家があってもめちゃくちゃ、明るく、暖かい、3.4帖大の吹き抜けがある家」の完成見学会が行われました。

本日は寒さも和らぎ、春の日差しを感じさせる1日でしたが、

ご来場いただいたお客様に、蓄熱暖房の暖かさをご体感いただき、大変ご満足いただきました。

日本では、「使いたい部屋だけを、使いたいときだけ暖房する」という

局所暖房という考え方が一般的で、欧米並みの温度差にストレスのない全館空調という

考え方は普及していません。それが高齢者のヒートショックによる死亡事故の原因になっています。

住宅事情に限りますと、まだまだ日本は後進国と言えます。

英国では、健康、安全性に劣る住宅には改善命令、時には解体命令がでるそうです。

私たちは少しでも多くの方にこのような快適な住宅をご体感いただきたいと願って月に2回ほどこのような見学会を開催しております。ぜひお越しください。