吹抜けのリビング

セレクトホームの松場です。

住みたい家。

皆様住みたい家どんなお家ですか?

お子様の進学の際に、結婚して数年たったご夫婦、子育てがひと段落して「そろそろマイホームが欲しいな」と思われているのではないでしょうか。

一戸建ての家では今吹抜けのリビングが人気です!!

少しメリット、デメリットを書いていきます!!

吹抜けのメリット

・部屋が明るくなります!!

吹抜けに窓を付けると、キッチンとリビングがかなり明るくなり開放感がかなりあります。

昼間だと電気を付けなくても十分過ごせます!

・吹抜けは減額!?

ハウスメーカーによって違うかもしれないのですが、セレクトホームでは吹抜けのヶ所を、

吹抜けの坪数で、減額します。

オシャレな空間になるのに減額になるとか、お得な感じがしますよね!!

・どこにいても家族の気配を感じることができます

二階と繋がっているので家族を呼ぶ時は、直ぐに伝わります!

家族の動きが感じられる空間になります。

・リビング階段との相性が良い

吹抜けは階段との相性が凄く良くて、

リビング、吹抜け、階段の組み合わせはオシャレで、階段が縦に長いので視覚効果により、

より部屋を広く見せることができます。

メリットばかりではなく、デメリットもあります。

・二階の面積が減る

そうですよ。二階の面積を削ることになりますので、面積が減り一部屋分ぐらい無くなることも…

・掃除が大変です

吹抜けに大きな窓や梁を設置すると掃除が大変です。

業者さんを呼ばなければならない可能性も。

・吹抜けの方角によっては良し悪し

北側に吹抜けを設置してしまうと、北側はジメジメしていますので、

カビなどが生える可能性があります。お気をつけください。

・食事のニオイが二階まで筒抜け

料理のニオイが二階まで上がってしまうので、二階のホールで洗濯物を室内干しなんかした日には、

当然のようにニオイが付きます。

・光熱費が高くつく可能性がある

温かい空気は上へ上へと、上がっていくので一階が寒くなります。

ですが性能の高い断熱性能の高い住宅は別です。

断熱性能が高いと夏はエアコン一台で、一階二階とも夏は涼しく、冬は暖かいので、

吹抜けのリビングでも大丈夫です。

吹抜けのメリット、デメリットを書きましたが、如何でしたか?

デメリットも数はありますが、吹抜けを付けられる方が多いです。

吹抜けを付けた場合オシャレ感はかなりUPすると思います!!

付ける場合は、よくお考えになって決めて下さいね。