注文住宅の家づくり 「子ども部屋を考える」

セレクトホームの安岡です。

春になり、子どもが新1年生になったのを機に
子ども部屋を持たせるかどうか迷われていませんか?
欧米では赤ちゃんの頃から親とは別に子ども部屋に
寝かせて独立心を養うそうです。
日本ではどうかというと、昔から子どもを挟んで川の字になって
寝るのが代表的で、高学年になったぐらいのタイミングで寝室を
分けたりするお家が多いのではないでしょうか?
近年では、子ども部屋をどのようにするのが子どものために良いのか
考えてみましょう。

子ども部屋
セレクトホームの施工事例。スキップフロア下のお子様の秘密基地。

勉強と休息を分ける

まず大人が子どものイマジネーションの世界に入って一緒に考えることが大切です。大人と同じように子どもも学校生活にストレスを感じていることを忘れずに、家での子どもの居心地のいい場所を作ってあげることが良いと考えます。
それが、子ども部屋にするのか、リビングにコーナーを設けるのか、家族で話し合いましょう。
「勉強をする」と「心を解放する、自分をみつめる」休息のメリハリをつけられるように分けてあげましょう。小さなスペースであれば床にマット(ラグ)をひいたところを遊び場所にするなども方法のひとつです。

スタディスペース

部屋作りは性格ときょうだいの構成で決まる

先程述べましたように、リビングで勉強し、リビングの一角で遊ぶことで子どもが満足しているのであれば、子ども部屋は必要ないということです。子どものものを収納するスペースがあればいいので、自らが片付けしやすいように工夫します。
ひとりひとり性格もちがうので、親が見極めて、いっしょに勉強させる+ベッドは別々に用意するなど、子どもと同じ目線で一緒に考えます。

ウォークインクローゼット付き子ども部屋
ロフト付き子ども部屋

セレクトホームの施工事例です。子ども部屋を用意するならこんなふうにも注文住宅ならできます。2つの子ども部屋の間に共有で使えるウォークインクローゼットを設けました。上のロフト部分として小さな時期には秘密基地として、大きくなるにつれて収納としても重宝しそうですね。お子様が自立しても圧迫感なく部屋を使えます。

子ども部屋をあたえたら

勉強や遊びと我が子が片付けやすい仕組みを一緒に考えます。きょうだいで物を共有しているものや個々のものなどをどのように片付けていくのかは、学校や幼稚園などの片づけ方法を参考にすると良いかと思います。音や光を利用して片付けるタイミングをうながし、同じ種類のものでまとめ・BOXを引き出して片付けるなど、子どもにアイディアを聞くのもいいかもしれないですね。

お片付けする子ども

スキップフロアのある子どもの秘密基地のある家の施工事例はコチラ

ぜひ、家づくりの参考にしてみてください。