現場監督が話す若い世代に人気のある「平屋」

こんにちは、工務部の松本です。

最近は平屋のお家が若い世代にも人気です!!広い土地がないと、思ったようには出来ないのが難点ですが、メリットはたくさんあります。平屋をご検討中の方に平屋を選ぶメリットをご紹介します。

平屋住宅

平屋を建てるメリット

平屋はバリアフリーを実現できる

バリアフリー住宅は高齢者の方が安全で快適に日常生活を過ごせる住宅のことです。最近では全ての人々が快適に暮らせるユニバーサルデザインを取り入れているところも増えつつあります。長寿国となっている日本は特に、やがてすべての人が高齢者になることを想定した家づくりが必要になってくると思います。

土地が狭い日本は2階や3階建てが主流となっていますが、階段があるとバリアフリーとは言えません。だからこそ平屋はバリアフリーに向いています。昔ながらの日本の住宅ように平屋で極力段差をなくした間取りが、これからの理想のバリアフリー住宅になります。

平屋のバリアフリー住宅

平屋は効率よい動線をつくりやすい

主婦の方には普段の生活でどれだけ手間がかかっているのでしょうか?例えば「洗濯物」を2階建て住宅で行うと、1階の洗面脱衣所にある洗濯機で洗濯し、2階にあるバルコニーで洗濯物を干します。そのあと洗濯物を取り込み、畳みます。そしてそれぞれの部屋に収納するという工程が一般的だと思います。それだと洗濯の家事だけでも主婦の負担が大きいのです。それをなくすための「平屋」です。全ての行動を1階に集中させ、収納もウォークスルークローゼットにすることができると、家族全員の洋服を片付けることができます。間取りを少し工夫することで、後々の生活スタイルが快適になり、家族との仲も良くなるかもしれませんね。

平屋は家族とコミュニケーションが取りやすい

家族が1階に集まることで、一緒にいる時間もおのずと長くなる平屋はコミュニケーションを取りやすい空間ができます。子供がいつか独立することを考えると子供部屋を完全に仕切ることなく、かわりにリビングなど家族が集まる場所を広くとることができるので、個々の時間も同時に大切にできるのです。家族だんらんのご飯の時間でも奥様の呼びかけがどこでも聞こえますね。

平屋のリビング

平屋は屋外に出やすいので、自然を身近に感じられる

昔ながらの日本の家のように縁側があったりと、平屋は玄関のほかに屋外に出やすいのが特長です。外の空気を吸ったり、虫や鳥が飛んできて季節を感じることもできます。雨や雪などでも楽しいと思える、子供がすぐにでも外に飛び出して遊ぶ様子が素敵です。

平屋は構造が安定し、大空間や大きな開口をつくれる

地震大国の日本の住宅は「耐震」がなにより大切です。地震による建物の揺れは上階になるほど大きくなり、上層階の重さに耐えられず1階から倒壊していくというケースが多くなります。それに比べ、平屋は2階建て以上の建物に比べると上階層の重さによってつぶれてしまうことは少ないです。また、上層階がないことで柱への負担も少なくなり、大空間のリビングや掃き出し窓の開口を大きくするなどができます。

平屋は2階がないため、小屋裏を活用できる

小屋裏の使い道としては1つは収納スペース、2つは趣味部屋や子どもの秘密基地などがよく言われています。

収納スペースとしては季節物や子供の使わなくなったおもちゃなど片付けることもできます。平屋だと同じ目線に生活感を感じる荷物が多くなりがちですが、上手く小屋裏を使う事でより快適な生活スペースを作ることができます。

2つ目の使い道は趣味部屋や子どもの秘密基地などです。セレクトホームのOB様は若い方には筋トレルームやご主人様のジオラマを飾ったりと使い方は多種多様です。他にも思い切って子どもの遊び場として開放するのも一つの手です。その際、安全性をしっかり配慮することが必要になります。

収納としても趣味部屋なども使う際に屋根に一番近い空間で夏の暑さなどで結局使わないということにならないように、屋根断熱をすることをおすすめします。

小屋裏も使える四季の家

平屋はメンテナンス費用を抑えやすい

家を建築した後にもメンテナンス費用がかかります。例えば屋根や外壁の定期的なメンテナンスが必要になります。その際、2階建てだと大掛かりな足場を組まないといけませんが、塗り替え作業より足場を組むのが意外にお金の出費が大きくことがあります。ですが、平屋だと2階がない分足場をかけるのも少なくて済みます。

平屋を建てるデメリット

平屋は広い土地が必要

平屋を建てるための広い土地探しは思っている大きさの土地を見つけるのが大変だったり、予算にあわなかったりします。地方だと広くて安い土地もあるのですが、駅やスーパー、病院などの公共施設などが近い、ある程度大きな土地ともなると3000万円からの費用がかかってしまうこともあります。神戸市や明石市の土地は比較的高いところが多いように思いますが、少し郊外に足を伸ばすと一気に手の届く金額の土地も見つかります。平屋を建てるための広い土地探しは2階建てを建てるより根気が必要ですが、平屋を建てて暮らすことを考えると頑張れるような気がしませんか?

平屋を建てるための広い土地

平屋はプライベートの間取り確保が難しい

平屋のプライベート空間のロフト

2階建てに比べると平屋の場合は同じフロアでの生活になりますので、家族の顔を合わす機会が多くなります。子どもが小さいときは目の届く範囲でいたいなど家族とのコミュニケーションが取れてメリットにもなりますが、逆に言えば、子どもが成長して自分の空間が欲しいと思ったときにプライベートの空間はとりにくいのです。土地探しがスムーズに行けば部屋の配置やロフトの設置等で改善は出来ると思います。しかし、広い土地にはそれだけの費用がかかるので広ければいいというわけにもいきません。

他にもデメリットを取り上げているサイトもありますが、私としてはデメリットに感じないものでした。例えば、坪単価が高くなることや、部屋の中央部分の日当たりが悪くなる、プライバシーや防犯面で注意が必要ということでした。メリットデメリットは表裏一体なので必ず解決策があるのです。坪単価が上がっても足場を高くする必要がないのでその分費用を抑えられますし、メンテナンスの時にも同じことが言えます。部屋の中央部分の日当たりについては窓の取付位置を方角を考えて高めにつけたり、中庭を作ることで採光もとれ素敵な空間にもなります。防犯面についてはたとえ2階建ての住宅でも屋上から侵入されれば同じことです。窓を2重ガラスや防犯ガラスにする、カメラや照明の設置が防犯に効果的です。

平屋の、デメリットをご紹介しました。また続きもご期待ください。

セレクトホームも3月に入って平屋を2棟上棟しました!!大工さんは2階には上がらないのでいいですが、1階が広いので大変だとバタバタしています。

セレクトホームの平屋住宅の上棟
セレクトホームの平屋住宅の上棟

もうすぐ暖かい春がやってきます!!早く気軽に花見行けるようになってほしいものです!!