アマチュア大工の進展

工務部の上田です。6月に基礎構造体の模型を作り6月28・29日の見学会に模型を披

露目したところ、お客様並び弊社の営業マンからもすばらしとの評価を頂きました。

お恥ずかしい話ですが弊社には、傘立てが1台しかなく通常社員の入口に置いて社員の傘

を入れているのですが、雨が降ると社員の傘を出して、玄関のお客様用に移動しています。

これは王塚台の旧事務所の時、お客様も社員も入口が1ヶ所でしたので1台の傘立てで対

応できたのですが、現在の新社屋になってお客様の入口と社員に入口が別なので、お客様

用の傘立てが必要になり、購入するつもりでしたら、常務から社員用の傘立てを私に作るよ

う指示があり(大工の腕認められたのか)、現在廃材で作成中で今日には出来上がります。

アマチュア大工の進展は、今まで材料を裁断して組み立てていたのですが、どうしても寸法

のズレが生じますので、今回は本体にあたる部材だけは先に裁断しましたが、他の部材は

組み立てながら裁断することにとって裁断面のズレなくなります。

考えながら作る為時間は掛かりますが、高齢の私の取ってはボケ防止になり楽しみながら

アマチュア大工をやっています。今回の傘立ては社員用のため、お客様に披露できないの

が残念です。

スタッフブログ

次の記事

お引渡し