2世帯住宅 間取りについて

昔の日本の「家制度」は長男が家業と家を継いで親と同居し、その他の兄弟、姉妹は出ていくというのが普通でした。弊社でも親世代のお母さんの中には、舅、姑と同居を経験されて来られた方は珍しくありません。

それが第2次世界大戦後の高度経済成長期の過程で、3世代家族等の大家族が減少し、結婚をすると同居せずに、夫婦と子供だけで住む核家族が進展してきたと言われています。

しかし、女性の社会進出、共働き、介護、又、地価の高騰などから2世帯住宅が見直されています。

そこで2世帯住宅について、大きく3つの間取りに分けて考えていきたいと思います。

神戸の2世帯住宅の画像

玄関、リビング、キッチン、浴室、洗面などすべてが別々にあるタイプです。

1階、2階で分けるタイプと左右で分けるタイプがありますが、どちらもドア一つでつながっており、必要な時にはすぐに助け合えるが、普段はプライバシーを確保できる工夫がされています。これは弊社では、ご主人さんの両親との同居の場合多く採用されています。家事をめぐって、お姑さんとお嫁さんが気遣いすることなく円満に過ごすための気遣いであります。

神戸の完全分離型2世帯住宅の画像

これは、玄関、リビング、キッチン、浴室、洗面すべてを共有して、食事や洗濯も一緒にするタイプです。これは奥様のご両親と同居される場合に多いようです。

またご両親のうちどちらか一方と同居の場合も多いですね。

昔からの同居スタイルに近く、スペースやコストも抑えられ、よりお互いの距離感も近くなります。

女性の社会進出に伴い、家事や子育てを助けあったり、両親の高齢化に伴い、介護のしやすさから、今またこのタイプが見直されています。

サブリビングやサブキッチンなどを設けるタイプもあります。

神戸の完全融合型2世帯住宅の画像

これは1と2の中間で、玄関のみ共有とか玄関と浴室を共有などのように部分的に共有するものです。   

費用とスペースも抑えられ、ゆるやかにつなげる工夫がされています。プライバシー確保のために、動線が重ならないように工夫するのが鍵です。

神戸の一部共有型2世帯住宅の画像

以上、2世帯住宅と一口に言ってもいろいろなタイプがあります。それぞれのご家庭の事情や家族構成によって検討していきましょう。

神戸の2世帯住宅ならこちら