高気密 高断熱

こんにちは、家づくりサポーターの渡辺です。

3月に入ったとはいえ寒いですね。春が待ち遠しい今日この頃です。

冷え性の私にとって屋外の仕事も多い冬はつらいものです。

私は数年前にサッカーのサポーターが着る「ベンチコート」をバーゲンで買い、屋外の作業には必ず着ています。

そう高価なものでないので、素材は表地は目のつまったポリエステル、中にアクリルとポリエステルのボアが入った物ですが、メンズなので丈が長く、ほとんど足元まですっぽりとカバーしてくれるので結構温いです。

お蔭様で冬の現場待機やチラシ配り、現場調査も以前より苦にならず私の強い味方です。

でももしベンチコートが目のつまった表地がなく、ボアだけだったらこれほど暖かくはないですよね。

高気密高断熱

いくらあたたかい分厚いセーターでも上に風を通さないウインドブレーカーのようなジャケットがなければ寒いですね。例えるなら断熱は「あたたかいセーター」気密は「ウインドブレーカー」です。

家もそうです。いくら断熱材をつめこんでも、すきまだらけだと寒いのですよね。

真冬の凍えるような強風に備えるには気密と断熱はセットです。以前は家の性能の基準は断熱性能(Q値)と気密性能(C値)で示されていました。

ところが今一般的になったZEH基準では(UA値)断熱性能だけで判断され、(C値)気密性能は基準から外されるようになってしまいました。

(C値)は丁寧に継ぎ目をテープで隙間を防ぐ施工によって発揮できます。

C値のみがなおざりにされていることを私は残念に思います。