重要です~集成材の保証書~(これってどういう意味?)

皆さん、下記の保証書をご覧ください。これはとても大切なお知らせです。

構造用集成材開始保証制度というのがあります。簡単に言えば、集成材が剥離して柱や梁が3/1000以上(1mで3mm)傾けば、10年以内なら大手損害保険会社が保証します、というものです。

なぜ、このような保証制度が存在するのでしょう。答えは簡単です。集成材は剥離するからです。皆さん、10年過ぎて11年目に集成材の剥離があって、家が傾いても、だれも保証してくれません。それでも集成材を使いますか。

断面欠損が少ないという理由で「金物工法」を採用しますか。

最後は下図のようになるリスクがあります。ならないかも分かりません。なるかも分かりません。しかし、一生に一度の家づくりに、そのようなリスクを冒す必要がどこにあるのでしょうか。しかも集成材は接着剤の固まりです。

集成材の保証書
集成材の保証約款
集成材の剥離