~吹付断熱への危惧~

最近、吹付断熱している家をよく見かけるようになりました。この断熱方法は、自動的に気密施工を行うことになり、一石二鳥でいわゆる高気密・高断熱になります。このことは良いことで何の問題もありません。しかし私はこの断熱方法に少し心配な点があるのを危惧しています。そういう私も実は約10年前に1棟だけ施工したことがあります。その時はまだ吹付断熱がウレタン発砲で、その主原料がイソシアネートであるということを知りませんでした。全く研究不足、努力不足でした。大いに反省しています。
初めての断熱材でしたので、施工時に立ち会いました。施工の職人さんは防護服を身に付け防護メガネ、防護マスクの完全装備でした。私は思わず職人さんに聞きました「そこまでやらないといけないの?」職人さん「ええ決まりですし、第一、危険ですから」と、こともなげに言われました。たしかに現場発泡する液体が身体に付着したり、目や耳や口に入ったら大変です。その時は、もっともなことだと思い何の疑問も感じませんでしたが、しばらくして、いや待てよ、そんな危険なものを幸せの器である家の中に入れてもいいのかな、との疑問が湧いてきました。多分に情緒的な感情で、科学的に危険であるという裏付けがあるわけではありません。私は化学者ではありません。ただのいち工務店の人間です。したがって私の得る情報は書籍やインターネットからがほとんどです。ネットでイソシアネートと検索すると恐ろしいことがいっぱい出てきます。どうやら処理方法を誤ればかなりの有害物質になるということは間違いないと思います。私は第2のアスベストになりはしないかと心配しています。これが杞憂であることを祈るのみです。

(吹付断熱施工中写真)

次に下図をご覧ください。

結露のイメージ図

皆さんは防水型スマホや携帯が内部結露するのをご存知ですか。結露の原因はもちろん水蒸気がその中に侵入しているからです。建築材料に防水透湿シートというものがあり、ほとんどの木造住宅で使用されています。これはその字の通り、先ず防水ですから水は通しません。しかし、透湿ですから水蒸気はバンバンに通します。つまり水は入らなくても、水蒸気は通るのです。理由は簡単です。水と水蒸気とでは、分子の大きさが全然違うのです。ですから、水蒸気は壁紙や石膏ボードを透過してガンガン中に入ります。柱と吹付断熱の間にもスーっと入っていきます。もしそこで結露したらどうなるのでしょうか。恐ろしいことです。壁体内結露の恐ろしさは言うまでもありません。カビが繁殖したり、木材が腐食したりします。一言で言えば“家が腐る”ということです。家が腐ってしまえば、どんなに耐震金物を施工しても、全く意味はありません。地震が来ればひとたまりもありません。
本来の吹付断熱の最大の長所である、断熱と気密を同時に確保するという、そのこと自体が短所となってしまうのです。壁の中に隙間なくギッチリと吹き込んだ断熱材が、隙間がないがために、敢えて、そのすき間に入り込んだ水蒸気が結露となってしまうリスクがあるのです。しかもやっかいなことに、壁内じゅうに隙間がないため、点検のしようがありません。室内側に壁内の点検のための点検口を設置しても、壁の中は動かせない、へばりついた断熱材で充満しています。長い年月の経過とともに、建物にはどんな事態が発生するか分かりません。予測できないようなことが起こるものです。雨漏り、水害による床上浸水があった時どうするのでしょうか。建物の命は壁の中、床下、小屋裏、天井裏と見えないところにあるのです。必ず、その部分が点検できるようにしておかなければなりません。
床下、小屋裏へは人間が割と簡単に入って点検できる状態、そして壁の中、天井裏は点検口を設置して、いつでも見られる状態にしておくのがベストです。間違っても、そこに何かものをギュウギュウに詰め込むことは、将来必ず災いのもとになりうると考えます。
(詰め込んだものが、簡単に動かすことが出来るのであればOKです)

最後にお伝えしたいことは、壁の中いっぱいに吹付断熱したら、木材の持っている香りや調湿機能が大きく損なわれてしまうということです。杉やヒノキの無垢の柱は管柱1本で500ccもの水分を吸ったり吐いたりできると言われています。家全体では、理論上ですが、なんと200ℓもの水分の調湿機能があります。(構造材の種類によります)吹付断熱とは、木材の表面に強力な接着性を持つ化学物質断熱材を吹き付けて、木材が息の出来ない状態にしてしまうのです。これでは木材の調湿機能は限りなくゼロに近づいてしまいます。何のために木造で家を建てているのか、私には理解できません。それともうひとつ、木材は空気、それも僅かにでも動いている空気に触れさせておけば300年でも500年でも、その強度を保ち続けることが出来るのです。吹付断熱された木材の表面は水蒸気が入り込む隙間はあっても、動く空気に触れることはありません。吹付断熱によって、有害物質の揮発のリスクと、木材表面への結露のリスクを抱え、さらには木材の最大の魅力である香りや調湿機能までをも奪ってしまう化学物質のかたまりで覆い隠すということは、高気密・高断熱に名を借りた施主への背信行為と言わざるをえないでしょう。これらのことが杞憂であることを祈るのみです。

2016年9月
文責 健康住宅指導員 脇長敬治