気密~その1

前回までに熱の伝わり方と水蒸気の恐ろしさ(結露)を学びました。今回は気密のことを少し書きます。皆さんは太い毛糸で編んだセーターをもっていますか?冬、そのセーターを着て外に出ます。セーターの下は、長袖ポロシャツ、その下に下着の長袖シャツです。外気温度は1月の平均気温4℃です。風が少し出てきました。どうでしょうか?温かいですか?私は寒くて仕方ありません。そこで、安物の1枚980円のウィンドブレーカーをセーターの上から着ました。すぐに暖かくなりました。980円のウィンドブレーカーは薄っぺらのペラペラです。これにはセーターやポロシャツのような断熱性能はありません。ただ風を通さないというだけです。実は家における気密とは、このウィンドブレーカーのようなものなのです。いかに断熱材を重ねようとも、気密性能が悪ければ、決して暖かくはなりません。

気密と断熱は一体として考えるべきものです。
それでも、読者の皆さんの中には、こう考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。

「気密を高めれば、なにか窒息しそうだし、風通しが悪くて、夏にはかえって暑くなるのでは?」と。窒息死するか、良い空気を吸って長生きするかの議論は翌月にします。今月は夏、暑くなるのではという不安について述べます。一般に高気密・高断熱の家は「エアコンが良く効きますよ」と言われます。たしかにその通りです。でも空調しなければ住めない家なんてなんか嫌だなあと思われるかも。私もそうです。真夏に3日間、ずっとエアコンの中にいましたら、全身のけだるさと、吐き気に襲われる、いわゆるクーラー病になった経験があります。妻もクーラーが大嫌いです。以下は南雄三先生著「断熱・気密のすべて」よりの抜粋です。読んでみて下さい。

“————–人間は恒温動物で一定の体温を維持しなければなりませんが、外気温は大きく波打って、冬には体温よりずっと低温に、夏にはずっと高温になります。この様子を図にしてみました。

気密のグラフ

真ん中にある帯(グレー部分)が人間が保たなければならない温度(快適温度)です。帯の幅は個人差や我慢できる範囲を示します。冬は寒さに慣れてきて少し低くなっていますが、夏はその逆で少し高くなっています。それでも外気温との差は大きすぎます。冬は裸のまま放置されれば死に至ります。

外気温は大きく波打っていますが、この波を快適温度に近づけるのが建築的手法です。難しい言葉になってしましましたが、要するに断熱・気密ということです。断熱・気密することで波は和らぎ、快適温度に近づいてきます。でもまだ少し快適温度まで届きません。この不足分を補うのが機械的手法です。つまり空調のことです。—–中略—-外気温の影響をまず断熱・気密が和らげますが、それでも足りなければ空調の出番です。もし、断熱・気密だけで済むのであれば空調は不要です。—————–“

 そもそも高気密住宅だからといっても窓を開ければ、その瞬間に気密ではなくなるのです。だからもし、窓を開けることによる通風(対流による熱移動が得られる)だけで、夏に快適さを得られたら、こんなにいいことはないと思います。それを最も実現しやすいのが高気密・高断熱なのです。なぜなら、夏の熱は窓から約65%、その他の部位から35%入ってきます。その他の部位とは、屋根、壁、床、換気のことです。特に屋根と壁から約30%も入ってきます。これを高断熱仕様にすることによって、半分以下から5分の1までに抑えることが可能となるのです。そうすることで当然、室内温度は高断熱でない家よりはるかに低くなるのです。また、最悪エアコン冷房するときでも、隙間だらけの家では外から確実に熱い空気がどんどんと侵入します。(クーラーで冷やすと室温は当然、外気温度より下がりますから、熱移動の原則で、熱は高いところから低いところへ移動します)これを専門用語で冷房負荷が大きいという表現をします。簡単に言えば冷房の効きが悪く、電気をたくさん消費するといことです。気密にすることによって反対に冷房負荷は小さくなります。

クーラー嫌いの方は高断熱・高気密にし、風通しの良い間取を考えるのも一手ですね。でも風通しを良くすることと、窓を大きくたくさんとることとは別物と考えて下さいね。また窓を大きくとるということは熱が入りやすく、逃げやすくなるということです。単純に快適温度だけを求めるのであれば、窓は小さければ小さいほど可能性は上がります。ただし暗くなります。

絶対に冷房は嫌という方には、私が勧める外断熱内気循環工法を採用し、エアコンを小屋裏に設置し作動させれば、エアコンの冷気に触れることなく、快適な涼しさを得られます。詳しくは別の機会に書きますが、どちらにしても、気密がなければこのようなことも実現できません。気密ってとっても大切なんですよ。次回は人間にとって最も大切な空気と気密の関係を書きます。